2017年8月4日金曜日

SHIGERU KAWAI 国際ピアノコンクールにソナタ賞

2017年8月4日(金)、第1回 SHIGERU KAWAI 国際ピアノコンクールのファイナルが、横浜みなとみらいホールで開催されました。

「SHIGERU KAWAI 国際ピアノコンクール」と「ソナタコンクール」の関係って・・・?と思われるかもしれませんが、実は今回、ソナタコンクールから「ソナタ賞」という賞を出させて頂いたのです!

SHIGERU KAWAI 国際ピアノコンクールのセミファイナルには、ソナタを演奏する課題があります。
ソナタコンクールの理念である「ソナタ」の学びを深めていってほしいという願いを込めて、SHIGERU KAWAI 国際ピアノコンクールのセミファイナルで、ソナタを最も印象的に演奏された方に「ソナタ賞」と賞金5万円を送らせていただきました。

「ソナタ賞」のトロフィー

第1回 SHIGERU KAWAI 国際ピアノコンクールとソナタコンクールのロゴが入っています。

授賞式の様子

1位:三浦 謙司さん、2位:サン ジッタカーンさん、3位:原嶋 唯さん。その後、スポンサー賞が発表され、弊社代表の福田成康がソナタ賞のトロフィーを授与しました。

「ソナタ賞」受賞者はタイ出身のサン ジッタカーンさん

ソナタ賞を受賞したサン ジッタカーンさんは、現在、アメリカの音楽大学に通っています。セミファイナルでモーツァルトの「ソナタ ハ長調 K.279」を演奏し、ソナタ賞を受賞。ファイナルでは、シェーンベルクの「6つの小さなピアノ曲 Op.19」、ラフマニノフの「ソナタ 第2番 変ロ短調 Op.36 (1913年版)」、ショパンの「即興曲 変ト長調 Op.51」を演奏し、2位を受賞されました。

サン ジッタカーンさん(SHIGERU KAWAI 国際ピアノコンクールHPが開きます)

表彰式後のレセプション

表彰式が終わった後は、ファイナリストの皆さん、審査員の先生方、スポンサー企業の方々、カワイの皆様で懇親会が行われました。

ファイナリストの皆様はどなたも素晴らしい演奏で、今後の活躍が期待されるとともに、ますます音楽を深く追求し、学び続けていって欲しいと感じた一日でした。